■飲食店伝票■について

家族の時間は・・・プライスレス!

お店に合った飲食店伝票を購入しましょう

without comments

飲食店でお客さんの注文を記入する時は伝票に記入しますが、その際に記入するものは注文されたメニューや値段、合計の金額などいろいろなものがあります。そのため伝票を購入する時は紙の大きさや記入欄の幅など、お客さんもスタッフも見ればすぐにわかるような伝票でなければなりません。またお店のコンセプトに合わせ、紙の色や記入欄の位置などのデザインも考える必要があります。しかしデザインなどを考えなければならない場合は、一般に販売されている飲食店伝票では汎用性はありますがデザインなどは変更できません。そのような場合にはオリジナルの伝票の作成を依頼することで解決することができます。オリジナルの伝票ならばお店に合ったデザインの伝票を作るだけでなく、見やすくしたりして使いやすくすることができます。伝票を変えることでもお客さんへのイメージをよくすることができます。

オリジナルにこだわった飲食店伝票の購入

飲食店では注文や会計などにおいて飲食店伝票が必要です。飲食店を営業するにあたっては必須の一品と言えます。客にとってはどの飲食店でもただの伝票に過ぎません。お会計の時に金額を確認するために伝票を見るという人はいるかもしれませんが、デザインまでよく見る人は多くないでしょう。一方、飲食店にとっては使い心地、更にはデザインを考慮して購入する場合が多いです。例えば、よく注文を受けるメニューはあらかじめ伝票に印刷してあったり、店の名前を伝票に入れるなどこだわることができます。色もただの白地ではなく、お店のイメージカラーや茶色やピンクなどお洒落さを出すこともできます。伝票一つで仕事がしやすくなることもあります。客にとっても印象に残ることがあるため、飲食店は飲食店伝票なら何でも良いというのではなく、オリジナルにこだわってみると良いでしょう。

どの飲食店伝票の購入するかについて

飲食店を開店させるには、様々な準備と下調べが必要になります。店を開く場所が、どのような場所にあるのか、強豪店となるような店はあるのか、失敗しないためにも念入りな下調べが、必要になります。それらが決まったら、飲食店を開くのに必要な物を準備します。店内の備品や調理器具などは、開店資金を抑えるためにも、中古品でもかまわないです。提供する食事が、美味しいと認められることが、大切です。注文を受けた時などに必要となるのが、飲食店伝票です。提供するメニューによって、使い勝手がよい物を購入しておきます。注文の間違えや会計のややこしさを、なくせる伝票にします。使用していて、使い勝手が悪ければ、別の伝票に変えることも考えます。伝票が残っている状態での鞍替えは、コストになります。しかし、注文の間違えなどの方が、後々のコストに繋がるからです。

Written by admin

3月 2nd, 2016 at 5:22 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)